クリエイティブ

反転印刷を有効に使用しましょう

反転印刷とは、明るい色調と暗い色調を逆にする方法です。一般のプリンターではモノクロで出力することが多く、元の画像とは全く異なったイメージになります。写真の世界では撮影の際にフィルムに光を焼き付け記録しますが、この際にはフィルムは強く光が当たったところは強く感光し、また光が弱いところは感光が弱くなります。このフィルムを現像すると強く感光したところが黒っぽくなり、弱く感光したところは色が薄くなります。この状態をネガと言いますが、反転印刷はこのネガのイメージを表したものと考えてよいでしょう。この効果は写真や画像にインパクトを与える際に良く使われます。

反転の事を考慮して行う

パソコンなどで作成したグラフィックをポスター等の印刷物にプリントアウトするには、紙のサイズに対応したプリンターを使うのが良いです。文字を反転させてプリントアウトしたい場合には、紙が反転に対応している事が重要であり、対応していれば、パソコンにインストールしているソフトウェアやプリンターの設定でプリントアウト出来ます。高性能な機能を持ったプリンターを使って出力しますと、短時間にある程度の枚数を出力していく事が可能です。ポスターのような複数枚必要である場合には、高性能なプリンターで印刷を行っていけば良いでしょう。

↑PAGE TOP